ブログ内検索
プロフィール
投稿カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最近の投稿
コメント
カテゴリー
アーカイブ
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『好きな動物は何ですか?』
0

    好きな動物は何ですか?

    過去のお題に答えていきます】

    古い順にお題答えていますけれど全てのお題に…ではなく飛ばしたりもしています。

    これは2012年4月10日のお題です。

     

    猫です。

    私は”ねこたま”って呼んでいますが、多い時で家の中で38匹飼っていた時があって当時は家の庭にも野良が数十匹は集まっててまさに猫まみれでした。

     

    家の中でも数が多いとボス猫はできますし他の猫たちを仲間だとは思ってないはぐれ猫もできます。

    そういうはぐれ猫はどうなるのかと言うと、猫部屋でなく人間の部屋の方でマイペースで過ごしていました。

    ちなみにレッドクラシックタビーメインクーンなので頭から尻尾の先まで1m近くありましたし、尻尾の毛も長いので胴体と同じ幅がありましたw

     

    餌場でじっとすましてる状態は餌要求の合図だから皿に盛ると、それを確認してから関心なさそうに一旦その場を離れて、、、人の目がなくなると戻ってきて食べ始める。。

    なんでそういう態度とるのか不思議でしたけれど、やってること事態は人間には見え見えですから逆にかわいかったです^^

     

    家の者が帰宅しそうだと感じると(まだ何kmも離れてると思うのに)玄関へ行ってお出迎え待機してたり、ほんとあの動物の感覚は謎だらけです。

    臭いや足音が届くような距離ではないのに近づいてることがわかるのって、何か別のものを感じているとしか言えませんが、こういう例は飼い猫には普通にあるみたいなので彼ら動物達の基本能力なんでしょうね。

     

    家に猫が多かったのはもともとは母が猫好きだったからなんですけれど間違いなく猫屋敷化してたと思う。

    当時は犬の散歩に出かけると外猫がぞろぞろついてきて途中でカラス達も参加。地上に降りてちょんちょん歩いてついてきてましたが犬も猫もカラスも皆ケンカすることなくおとなしく散歩に同行していました。

    ちなみに犬にリードつけていないので完全フリー状態です。

     

    まぁ思いっきり田舎でしたからお散歩担当の私も特に違和感のある風景とは思ってなかったのですが台風通過翌日なんて倒木が道ふさいでたり大きなへびびん(蛇)が道を横切ってたり、それでもお構いなしに進んでいく人間と犬と20匹くらいの野良猫とカラス数羽の隊列です。

    今思うと奇跡のようなものですが、必要ない限り争わない…多分こういうのが自然界共存ルールなのかもしれません。

     

    で、現在ですが

    自転車であちこち行ってますけれど、猫に呼び止められたりもしますし休んでいると猫たちに囲まれてたりします。

    猫って人の方から近付いたら逃げちゃうし人に無関心っぽい部分はありますが、自分たちが主導権もってるって感じてる範囲ではけっこうアグレッシブかもしれない。

    この記事は とんとん が書きました。 | 動物・昆虫 | 11:39 | comments(0) | - |