ブログ内検索
プロフィール
投稿カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
最近の投稿
コメント
カテゴリー
アーカイブ
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『Second Life08』
0

    昨晩ハードディスクの整理していて見つけたもの。
    10年ほど前のSecond Life動画です。

     

    Second Lifeに最初に触れたのは2005年頃ですが、ちゃんと自分のアカウント作って活動始めたのは2007年5月です。

    もちろんアバター調整とかモノづくりがまともにできるようになるのにしばらく時間はかかりましたけれど、

    それ以降はSNSに活動記録書くため用にスクリーンショット撮ったり動画として残したり…

    音が出ます。

    音楽:super speeder Judy Jedy (capsule)

     

    この動画は最初の1年くらいの間に撮っていたものなのですが、2007〜2008年頃のSecond Lifeの雰囲気が出ていて自分でも懐かしいです。

    08年半ばから海キラキラが(水が水らしく)再現されるようになって、大気シミュレーションも徐々に本気度あげていってた^^

    物理計算も大マジになっていきましたしねw

     

    当時たくさんアップしていた動画素材からフレが3分少々にまとめてくれたものなので、それもあって自分でも客観的にも見れるんですけれどこの動画素材撮っていた頃から10年経った今・・・

    空間の表現と言うか光線処理とか大気の雰囲気…空気感みたいな細かい部分を「品質」と呼ぶなら当然現在の方が良くって現実世界並の写真も撮れなくはないですが、この古い動画に映されてる昔のSecond Lifeもこれはこれで妙な楽しさを感じてしまいます。

     

    確かにこの頃のSecond Lifeは原色積み木の世界でした。

     

    比して今のSecond Lifeはじゅーぶんすごいですが、更に描画品質を極めた Second Life2(SANSAR) という仮想世界も別に用意されています。

     

    提供側はやっぱり品質を高める使命みたいなものがあるでしょうからこの流れは間違っていないと私も思います。

    でも人が楽しさや愛着を感じる要素比重としてグラフィックのクオリティは… うーん、思うほど大きくはない気がちょっとします。

     

     

    ・・・って、一人で懐かしがってますけれど^^

    主な動画はYouTubeにアップしているので自分でもわりと見る機会が多いのですが、この動画はメジャー音楽使っているためローカルに置いたままで半ば忘れかけてたんです。

    (一時期flashにして仲間内のコミュで見れるようにはしていましたがブラウザでの再生が困難になってからそのまま放置になっていました)

     

     

     

    動画内でちらっと見えている壁のスクリーンに流れている映像はこれです。

    自分の島の案内(看板)映像みたいなものです✿

    ※Second Lifeの中に作ったテレビとかスクリーンにYouTubeやサーバーに置いた映像を流す仕組みです。

     

     

    大きいスクリーン作って映してみた実験。

    crayfish lagoonって、ザリガニ池みたいな意味ですがザリガニアバターになって池の底でひっそり過ごすのがそもそもの目的だったんです。

    仮想世界ってデジタルの上で成り立っているものなのでイメージしたものを再現するのに適しています^^

    …まぁ結局ずっと人間の姿のままで今まで過ごして来てますけれど・・・

     

     

     

    上の動画とほぼ同じ頃に仲間で作っていた動画です✿

    音が出ます。

    この記事は とんとん が書きました。 | Second Life | 02:16 | comments(0) | - |