ブログ内検索
プロフィール
投稿カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
最近の投稿
コメント
カテゴリー
アーカイブ
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『VTuberを先取りしていたかもしれない…けど。』
0

    今YouTubeを見てみると(ジャンルにもよりますが)配信者をキャラクター化したバーチャルユーチューバー(VTuber)がたくさんいますけれど、この配信スタイルが出てきたのは2016年とか2017年からなのでまだ最近のことなんですよね。

     

    厳密に言うとウェザーロイドAiriさん(ポン子ちゃん)が2013年から活動していて当時から生配信も行っていましたから一番古いのですが、Weathernewsのお天気お姉さん(つまりプロとして放送出演)ですしYouTubeをメインに活動されてたわけではないので一番古株だけれど新人VTuberみたいな感じなんだそうです。そう書いてありましたw

     

    で、それはともかくとして本題ですけれど

    3Dでキャラクター化された状態でリアルタイムに動いて配信も…というのは2010年より前にSecond Lifeでよく行われていた手法なんです。

     

     

    画像に写ってるマイクも機材も什器も部屋も全て当時自分で作ったものです✿

     

    その頃の生配信って自前サーバーで行ったり後期はUstream配信になっていったのですが、不特定多数向けに配信していたことは確か… のワリに日の目を見ていないのは間違いなく内向きに燃える者たちばかりだったからww

    それとネタの問題です✿

    盛り上げるためには外への発信が重要だとは言われていましたし皆当然それもわかっていましたが、気付くと身内で愉しむ内輪コンテンツばかりになってて、しかもその内容は仮想世界のものなんだよねーヾ(๑╹◡╹)ノ

     

    現在のVTuberが配信しているコンテンツって自然と多くの人々の関心を集めるものだったりするんですよね。

     

    ならば先ずはカタチから入る意味でもYouTubeでSecond Lifeの中から生配信すればオッケーかも!ってふと思いましたけれど感覚的に普通のVTuberっぽいことはできないような気がします。

    だって、VTuberはキホン現実世界のあれこれをネタにするものだけどSecond Lifeユーザーが出せるネタって仮想世界の中のことだから。

     

    これは何年か前に不定期に行っていた番組です。

     

    この記事は とんとん が書きました。 | Second Life | 01:22 | comments(0) | - |