ブログ内検索
プロフィール
投稿カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
最近の投稿
コメント
カテゴリー
アーカイブ
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『一番好きな動物おしえてください!』
0

    一番好きな動物おしえてください!
    動物と言うと、なんとなく人間にとって身近な… 例えば動物園で見ることができるとかペットとして私たちの近くにいる存在ってニュアンスを感じますけれど、植物の対置語という意味でなら運動能力と感覚を持った多細胞生物全般ということで普通に昆虫や更に細かい何かも含んじゃうんですよね。

    や・・・昨日このお題見た時、何を指してるのかわからなくって放置してたら1日経ってしまっていました^^

     

    わたしは動物好きなので子供の頃から昆虫・哺乳類・爬虫類・両生類なんでも飼ってきました。

    なんでも…というのは本当に何でもという意味ですが、さすがに目視できない微細なものはありません。

    ただ、飼ってた中であんまり楽しくなかったのは土の中で過ごすミミズかな。。

    だっていつ覗いてもそこんは土しかないから。

    ですから、「そこそこのサイズがあって」「いつでもその姿を見られる」…この条件さえ満たしていれば楽しいんじゃないかと思うんです。

    もちろん法的に飼育が許されてないとか危険性の高い動物はNGですが。。

     

    猫たまは家の中で38匹飼っていたのですが、その当時、外にもたくさんの外猫たま(要するに餌付けした野良)が家を囲んでいました。

    犬の散歩にいくと外猫たまがぞろぞろ着いてきて。。。途中からカラスが降りてきて合流して一緒に山道歩いて・・・

    稀に道を横切ってる長い蛇に出くわしたりしてww

    ヘビビンの身になって考えると人・犬・猫・カラスが隊列でやってくるなんて恐怖そのものだったかもしれません。

    そもそも何で種の違う動物達がいがみ合うことなく皆で一緒になって着いてきてたのか理由はわかりませんが、

    それはともかく・・・微妙に非現実感のあるこの様子。

    今考えると奇跡のような毎日だったと思います。

     

    もしかしたら本来これがあたりまえで、変に頭が良くなったせいで

    身の回りのあらゆることに手を加え出した人間がその輪から外れた存在になってしまったのかもしれません。

     

    話を戻しますが

    今は、、家の中に4立米(水4トン)の大きい水槽つくってザリガニ飼っています。

    好きな動物としては間違いなくそれかな。

    まぁ何でも好きなんですけれど^^

     

    ねずみが部屋に入ってきてしばらく同居してたことあるんですけれど、その話題はこちらに書いています

    動物と言えば・・・人間も動物ですけれど4ヶ月でクーリングオフ(返却)したことあります^^

    一般的に言う離婚ですね。

    この記事は とんとん が書きました。 | 動物・昆虫 | 21:45 | comments(0) | - |